日本の森バイオマスネットワーク

日本の森バイオマスネットワーク

森林と共生する環境フォーラムを開催しました!

更新日 - 2012年08月27日(月)

8月26日(日)、宮城県登米市の森舞台で「森林と共生する環境フォーラム」を実施しました。

東日本大震災以降、これまで以上に森林の活用への期待が高まっているなか、今後の復興に向けてどう森林を活かし、共生していくのかを考えるフォーラムです。

第1部ではNPO法人土佐の森救援隊の中嶋健造事務局長より、「副業的自伐林家のススメ」と題して基調講演をいただきました。

第2部ではパネルディスカッションを行いました。エネシフみやぎの氏家芙由子氏をコーディネーターに迎え、パネラーとして副理事長の大場、1部に引き続き中嶋氏、歌津で牡蠣養殖の再開に取り組む千葉氏、鳥取大学地域学部の家中氏にご登壇いただきました。

森を活かすことは地域のエネルギーの自立や海の再生にもつながり、さらに永続的な雇用創出にもつながります。今、被災地のみならず日本全体が直面している課題に対し、森林の活用は大きな役割があると改めて感じたフォーラムでした。 ご参加、ご登壇いただいた皆さま、ありがとうございました。

そして9月以降、森林活用の実践として小規模・低コストで誰でも始められる土佐の森方式林業の講習会を実施します。参加費無料ですので、皆様ふるってご参加ください。

 


  • 木質ペレット普及の取り組み
  • 手のひらに太陽の家公式サイト
  • 組手什の販売
  • キコリ養成講座
  • 企業・団体との協働