日本の森バイオマスネットワーク

日本の森バイオマスネットワーク

  • ホーム
  • 歌津復興支援プロジェクト

歌津復興支援プロジェクト

宮城県南三陸町歌津地区は東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受け、ほとんどの家屋や漁船が失われました。そうした苦境にありながらも、住民からは高台に集団移転し災害に強く自然と共生するエコタウンとしての復興を望む声が挙っています。
森林資源の活用と自立した地域づくりを理念とするNPO法人日本の森バイオマスネットワークとしてこの住民のエコタウン構想に賛同し、歌津地区の中長期的な復興支援に取り組んでいます。

▶歌津プロジェクトの最新の活動内容はこちらからご覧ください。

※歌津復興支援プロジェクトは下記の助成金を活用しています。
 
稲盛財団 東日本大震災復興ボランティア助成
 
赤い羽根 災害ボランティア・NPOサポート募金助成事業

宮城・歌津プロジェクト支援内容

○経済復興支援

歌津地区はもともと牡蠣やワカメの養殖が盛んな地域でした。しかし津波で漁船も漁具もほとんどが失われてしまいました。  また今回の津波により歌津地区で営業していた個人商店も全て流されてしまいました。一度は商店の再開を諦める声もありましたが、伊里前商店会のメンバーを中心に事業再開しようと動き出しています。
私たちはこうした復興への取り組みに対し、 大型テントを利用した仮設商店街の設置や漁業再開に向けたニーズの把握、情報発信などに取り組んでいます。

伊里前商店会の山内義申さんより
「商店街の再開は、半年経ってやっとこぎつけた歌津地区の復興の第一歩でもあります。被災地では復興への前向きな気持ちを持ち続けることは簡単ではありません。でも商店街の再開という小さな一歩がまた次の力を生み出してくれると信じています。この仮設の商店街が地区内外の方々との交流の場所となり、みんなで復興を進めていく拠点の一つにできればと思います」

○復興まちづくり支援

歌津地区では津波を被った場所に家を建てることが出来ないため、集団で高台に移転する計画になっています。新しいまちづくりに向けて、地元の契約会という組織を中心に元の町並みを維持したまま移転し、自然エネルギーや循環の仕組みを取り込むことで災害に強い持続可能なまちづくりを望む声があります。
私たちは全国のネットワークを活かした情報・人材のコーディネートを行い、この持続可能な新しいまちづくりを支援していきます。

歌津の復興支援活動にご協力ください!

▶モンベル製 ウィックロンTシャツ 結っ子歌津
t

東北のモンベルストアでのみ購入できる限定チャリティTシャツです。売り上げの一部が歌津の復興支援に活用されます。


▶活動支援金ご協力のお願い
▶Keep Tsunami-Stricken Isatomae Community Alive (英語サイト。オンライン決済可)


  • 木質ペレット普及の取り組み
  • 手のひらに太陽の家公式サイト
  • 組手什の販売
  • キコリ養成講座
  • 企業・団体との協働