日本の森バイオマスネットワーク

日本の森バイオマスネットワーク

  • ホーム
  • 木質ペレット燃料の普及

木質ペレット燃料の普及

木質ペレット燃料とは?

木質ペレット燃料とは、木くずを固めて作られた環境にやさしい燃料です。ペレットストーブやペレットボイラーなどで給湯・暖房のエネルギー源として使うことが出来ます。

pelletペレット燃料は次のような特徴をもっています。

1、再生可能なエネルギー

ペレット燃料は製材くずや間伐材から作られています。化石燃料のようにいずれ尽きることの無い再生可能なエネルギーです。

2、地産池消のエネルギー

ペレット燃料を使うことで、それまでは化石燃料を購入するために海外に流れ出ていたお金が地域内で循環するため、地域経済の活性化と雇用の創出につながります。

3、地球温暖化の防止

ペレット燃料を燃焼することで発生する二酸化炭素は、もともと木が成長する際に待機中にあったものを吸収したものなので、実質大気中の二酸化炭素濃度は上昇しません(カーボンニュートラル)。家庭用のストーブを一冬使えば、約1トンの二酸化炭素を削減できます。


  • 木質ペレット普及の取り組み
  • 手のひらに太陽の家公式サイト
  • 組手什の販売
  • キコリ養成講座
  • 企業・団体との協働